ニキビを作らない生活をする事が大事

ニキビで不快なことは、まず顔に出来るニキビで見た目が汚い感じに見える事です。
また、痛かったり、痒かったりなど症状が不快です。

しかし、痒いからといって掻いてしまうと、治りが遅くなったり、跡が残ってしまい、
肌に凹凸が出来てしまう事がありますので、触ったり、つぶしたりは極力しないようにしたいです。

触ったり、つぶしたりが何故いけないかというと、手などもばい菌があるのでニキビの所から菌が入り化膿したりしますし、
つぶすのもそのつぶして出来た穴から菌が入りやすいからです。

つぶすなら、皮膚科などでやってもらった方がキレイに治ります。

でも、出来ると気になって、早くつぶしてしまいたい気持ちは分かります。

気にすることでストレスとなって余計ニキビが増えると言う悪循環にもなったりします。
なので、ニキビを作らない肌にしたいですよね。

それには、まず肌を清潔にする事から始めます。
洗顔をニキビ用の物で肌に刺激がなく負担が少ないものを使うようにしたいです。
そうする事で、皮脂が詰まって出来るのを防ぐことになります。

大事なのは清潔にする事ですので、洗った後、髪の毛を下げているとやはりニキビが出やすくなります。
外出の時は仕方ないですが、おうちに居る時には、なるべく髪の毛を顔に付かないように、後ろに束ねたり、
前髪もピンなどで上げておくと良いでしょう。

外からの刺激は先に述べたような事を気をつけていればひどくなる事を防ぐこと出来ますが、
実はニキビと深く関係しているのが、ストレスや、睡眠不足や、食事と言った内側があります。

ストレスを上手に解消出来るようにしなくてはホルモンバランスが崩れたりしますので、ニキビが出やすいですし、
睡眠も夜10時から2時までの時間を取るようにする事で、人間のメカリズムが正常に働くと言われていますので、
気をつけたいですね。

そして、食事ですが、バランスよく食べるのが大事でビタミンは特に取るようにした方が良いです。

やはり出てしまうと気になるものなので、
出さないような生活をする事が大事だと思います。

2014年1月13日 コメントは受け付けていません。 にきび